インクルーシブな世界とは?

   

おはようございます。

イマジンです。

先週の土曜日は、

集客サポーターの講座に

参加して来ました。

リアルとオンラインの

ハイブリッドで開催され、

日本全国からとオーストラリアからも

参加されていました。

参加者は、

既に独立起業された方や、

サラリーマンの方もおられます。

その中には、

お医者さんや、

看護師さんも

おられました。

年齢にも、

かなりの差があったんですけど、

私が最高齢かと思っていたら・・・

私より一つ上の女性の方も

おられました。

実はその方が一番元気でしたね(^o^)

これから、

半年間、この仲間たちとどのような

ドラマが繰り広げられるかが、

楽しみです!!

さて・・・

あなたは、

インクルーシブって

言葉を聞いたことって

ありますか?

あまり、

聞き慣れた言葉じゃないかも

ですね。

インクルーシブって

いうのは・・・

「仲間はずれにしない」、

「みんないっしょに」という

意味だそうです。

障害者の方を例に考えてみましょう。

排除。

社会から障がいのある人たちが仲間
はずれにされています。

分離。

障がいのある人たちが集まっていますが、
健常者集団(=一般社会)とは分離されています。

統合。

社会全体のなかには入っていますが、その中で
障がいのある人たちだけが小さなグループとして分離されています。

インクルーシブな状態(包含)。

障がいのある人もない人もみんないっしょに生活しています。

インクルーシブの意味がこれで、

理解出来たのではないでしょうか?

ところで、

SDGsの3つのキーワードを

覚えておられますか?

それは・・・

・バックキャスト

・世界規模

・誰一人取り残さない

の3つでしたね。

この3つ目の、

「誰ひとり取り残さない」世界は、

言い換えれば

「すべての人に居場所がある」世界です。

SDGsのすべての目標に共通していえるのは、

それらの達成が、

私たち人間がどれだけ自己中心性から脱却できるか

にかかっているという点です。

つまり、

一人ひとりが、

自分の価値を感じ、

他者を信頼し、

貢献し続けていくという

姿勢を持つことが、

SDGs達成のためには不可欠で、

そうしてできる共同体こそが、

格差や差別のない、

「すべての人が自分らしくよく生きる」

ことのできる、

インクルーシブな世界であるということ

になります。

私は、

20年以上、

環境に関する仕事をしているのですが、

環境問題の原因を

とことんつきつめて行くと・・・

それは、

自己中心性が根本原因であると

行きつきました。

言い換えると、

「エゴ」

です。

つまり

人類の「エゴ」がこの世界を作り上げた

ということです。

なので、

この「エゴ」から、

抜け出す事が最も重要な課題だと

思います。

とはいえ、

「エゴ」をいきなり捨てる、

というのも現実的では無い気が

します。

ということで、

まずできることとして、

インクルーシブな世界

になったらどうなんだろう

ってイメージすること

くらいから始めてもいいのか

って思います。

 - 未分類