続・日本にとって一番重要な事とは?

   

おはようございます。

今朝は、

越谷は曇っています。

今朝は、

中国の「薄利多売」に対して、

どうすればよいのかについて

お伝えしたいと思います。

その答えは・・・

中国を一つの企業

として考えて

日本も一つの企業と

考えると分かりやすいです。

「薄利多売」をして成功している

同業者がいれば、

それに、価格競争を挑むと

間違いなく負けてしまいます。

では、

どうすれば良いのでしょうか?

それは、

顧客ターゲットを変える事です。

つまり、

「薄利多売」を好む客層ではなく

「高くても良いもの」を好む客層

をターゲットにするのです。

そのための戦略が、

日本のブランド化です。

続く・・・・

 - 考え方